ニュース

2019.7.6

【休講】単位互換講座「スポーツ文化論1」

学内提供科目
科目名 スポーツ文化論1
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 竹谷 和之 教授
日時

7月12日(金)・19日(金)
12:45~14:15

 

≪ 戻る

PageTop

ニュース

2019.7.10

【休講】単位互換講座「英語圏の文化と社会1」

特別科目
科目名 英語圏の文化と社会1
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 中沢(並河)葉子 教授
日時 7月15(月)
17:50~19:20

 

2019.7.9

【補講】単位互換講座「自然とデザイン」

特別科目
科目名 自然とデザイン
担当大学 神戸芸術工科大学
教員名 田所 章徳 助教
日時

7月29日(月)
16:30~18:00

備考

5/6(月)休講分の補講

2019.7.9

【補講】単位互換講座「ファッションデザイン概論」

学内提供科目
科目名 ファッションデザイン概論
担当大学 神戸芸術工科大学
教員名 瀬能 徹 教授
日時

7月29日(金)
10:40~12:10

備考

7/17(水)休講分の補講

 

2019.7.9

【休講】単位互換講座「ファッションデザイン概論」

学内提供科目
科目名 ファッションデザイン概論
担当大学 神戸芸術工科大学
教員名 瀬能 徹 教授
日時

7月17日(水)
10:40~12:10

備考

補講は、7/29(月)に実地

2019.7.8

【休講】単位互換講座「政府会計論」

特別科目
科目名 政府会計論
担当大学 兵庫県立大学
教員名 都筑 洋一郎 准教授
日時

7月9日(火)
16:30~18:00

2019.7.6

【休講】単位互換講座「スポーツ文化論1」

学内提供科目
科目名 スポーツ文化論1
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 竹谷 和之 教授
日時

7月12日(金)・19日(金)
12:45~14:15

 

2019.6.26

【休講】単位互換講座「技術史」

特別科目
科目名 技術史
担当大学 神戸市立工業高等専門学校
教員名 森 亮資 非常勤講師
日時 6月26日(水)
16:30~18:00

2019.6.20

【通知】単位互換講座「社会学」レポートについて

単位互換講座 特別科目 「社会学」のレポート課題についての
通知がありますので、確認し、提出期限を厳守してください。

レポート課題についての通知文 → クリック☆

2019.6.17

【休講】単位互換講座「言語学入門」

学内提供科目
科目名 言語学入門
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 林 範彦 教授
日時 6月24日(月)
14:25~15:55

2019.5.31

【H30年度共同研究班】グローバル時代の新しい教養ー未来に向けた日中交流と日中相互関係

平成30年度 共同研究班
代表者 流通科学大学 辻 美代 教授
構成員 流通科学大学 李 東浩 教授
兵庫県立大学 陳 來幸 教授
兵庫県立大学 萩原 弘子 教授
神戸市外国語大学 秦 兆雄 教授
神戸市外国語大学 林 範彦 教授
神戸市外国語大学 櫻井 次郎 准教授
神戸市外国語大学 津守 陽 准教授
神戸市外国語大学 紺野 達也 准教授
京都大学     小島 泰雄 教授
研究の目的及び意義 本研究構成員は学園都市近隣大学教員で中国語を研究対象とする研究者間の研究交流を目的に組織され、今回で第6期の共同研究となる。第5期(2014年)には兵庫県立大学から「未来社会の姿ー未来に向けた日中相互関係」を研究テーマとした共同研究班を申請し、2015年1月から2年間の共同研究を行った。その間、近隣大学の大学院生にも研究会をオープンにしながら、それぞれの専門分野から報告を行い、討論の場を設けてきた。
現在、日中間の政治関係は改善の兆しが見えてきたものの、不安定要因を抱えたままである。改めて、両国間の文化交流、経済交流、人的交流に関し、その歴史的意義と実態を確認、共有し、われわれ研究班は教育に還元することで、日中の相互認識の強化に努めなければならないと考えている。さらには、日中関係の新たな枠組みを構築が必要とされる現在、若い研究者層が先細りとならないよう、学園都市に所在する中国研究を志す大学院生に対して、日中の相互理解を真摯に考える場を提供することもだ重要だと認識している。
本共同研究を通じ、異なる分野の中国研究者が相互に啓発しながら、グローバル化時代の新しい教養として、日中関係のあり方と
両国の社会像が導き出させることが期待できる。同時に、若い世代へのメッセージ伝達と意見交流の場が提供できる意義は大きいと考える。
研究実績・成果 研究中

2019.6.17

【休講】単位互換講座「現代思想文化論」

特別科目
科目名 現代思想文化論
担当大学 神戸市立工業高等専門学校
教員名 手代木 陽 教授
日時 6月6日(木)
18:15~19:45

2019.5.31

【休講】単位互換講座「神戸学」

学内提供科目
科目名 神戸学
担当大学 神戸市看護大学
教員名 藤代 節 教授
日時 6月4日(火)
13:10~14:40

2019.5.31

【H29年度共同研究班】学園都市における子どもの体力向上に関する研究~手作り道具の設置による幼児の身体活動量および体力への効果~

平成29年度 共同研究班
代表者 流通科学大学      北村 裕美 准教授
構成員 流通科学大学      関 和俊 准教授
神戸芸術工科大学    安森 弘昌 准教授
神戸学園都市YMCA    こども園 松田 康之 園長
研究の目的及び意義 子どもの身体活動量の減少に伴う体力低下が社会問題となっている。その背景として、都市化や少子化の進展による社会環境や生活様式の変化があり、それによって子どもの遊ぶ場所、遊ぶ仲間、遊ぶ時間を減少させている。さらに交通事故や犯罪への懸念などが体を動かして遊ぶ機会を低下させている。
共働き家庭の増加に伴って保育ニーズが増大する中、学園都市では過去10年間で2つの認定こども園として1つの小規模保育施設が閉園されてきた。しかし、現在も保育所等の利用待機児童が発生していることから、学園都市の保育ニーズは高いと思われる。すなわち、子どもが生活時間の大半の時間を過ごし、心身の発達の基礎を培う場としての保育所(認定こども園)の重要性が一層高まっている。しかしながら、設置基準をみたしているものの、園庭がない、または園庭が狭いといった保育の環境では、子どもの身体活動量が十分確保できているかは明らかではない。
そこで本研究では、子どもが主体的に楽しく体を動かすことのできる環境構成と提案する基礎資料を得ることを目的として、学園都市に位置するYMCAこども園の協力の下で、まず幼児の身体活動量および体力の現状を把握し、その結果をもとに大学生が主体となって作成した運動遊びのための遊具による身体活動量、体力の変化を実証する。
研究実績・成果 研究中

2019.5.30

【H29年度共同研究班】院内助産所の環境整備に関する研究ー研究・先駆的・特徴的事例を通してー

平成29年度 共同研究班
代表者 神戸市立工業高等専門学校   田島喜美恵 講師
構成員 神戸市看護大学         島澤 恭子 准教授
滝川由香里 助教
細川由美子 助教
研究の目的及び意義 病院内で助産師が主体的に妊婦に関わる動きとして、1997年に院内助産所が神戸市の病院で開設された。院内助産所は年々増加し、平成26年厚生労働省医療施設調査によると、院内助産所は127カ所あり、分娩取扱い施設(1055カ所)の1割が以上が設置するに至っている。
本研究は、院内助産所の環境整備のための方法論に関する知見を得ることを目的とし、妊産婦が安心感や居心地の良さを感じる内装やアメニティについての検証をおこなう。調査方法は院内助産所の現在の動向分析をおこない、先駆的・特徴的な事例を抽出し、内装やアメニティに関する現地調査(施設調査・ヒアリング調査・アンケート調査等)をおこなう。
統計によると、分娩可能病院施設は減少傾向にあり院内助産所は増加傾向にあるが、院内助産所の環境設備にかんする研究はごく少数にとどまっている。このような状況の中で、総じて本研究の学術的意義は大きいと考えている。
研究実績・成果 研究中

2019.5.30

【H29年度共同研究班】学園都市地域におけるこどもの生活と地域課題に関する研究

平成29年度 共同研究班
代表者 兵庫県立大学       横山 由紀子 教授
構成員 神戸市看護大学      二宮 啓子 教授
(公財) 神戸YMCAウエルネスセンター学園都市
間 勝也 所長
(社福) 神戸YMCA社福会 神戸学園都市YMCA
こども園  松田 康之 園長
研究の目的及び意義 現在の子どもを取り巻く環境は地域社会のつながりの希薄化、母子家庭の増加、貧困、地域の安全性、高齢社会など様々な社会的問題から影響を受けている。
この学園都市地域においても、様々な社会問題における子どもへの影響があることが考えられる。そこで学園都市地域の平日の子どもの生活調査をおこなうことによって今の地域的社会問題を明確にし、近隣の教育機関や地域NPOと協力して、子どもが安全に健康に生活するための環境づくりの具体的な対策を実施するための示唆を得ることを目的とする。
研究実績・成果 研究中

2019.5.30

【H29年度共同研究班】学生の協働によるPBL教育プログラムを通した高齢者の見守りに資するIot装置の研究開発

 

平成29年度 共同研究班
代表者 流通科学大学 山下 香 特任准教授
構成員 流通科学大学        上田 真由美 准教授
神戸市立工業高等専門学校  赤対 秀明 教授
黒住 亮太 准教授
兵庫県立大学        安枝 英俊 准教授
研究の目的及び意義 高齢社会の到来による一人暮らしの高齢者の増加に伴い、見守りサービスの充実が求められている。そのような中、IoTが高齢者の見守りに資する手法の一つとして着目されている。IoT(Internet of Things)とは、モノのインターネットと呼ばれ、コンピューターやプリンターが接続していたインタ―ネットに、あらゆるモノが接続することで、インターネットを介してモノを作動させることができる仕組みである。例えば、インターネットとポットが接続することで、高齢者が日常生活の中で使用するポットを用いた見守りサービスが可能となっている。IoTを、高度な技術を持たずに利用可能とするデバイスが近年開発されている。例えば、ソニーが2015年に販売を開始した「MESH」は、「消しゴムサイズの電子タグ」と呼ばれており、インターネットの接続を通してボタン一つで実際のモノを作動できる。ICTやIoTは高齢者にとって馴染みの薄いものと捉えられてきたが、このようなデバイスにより日常生活の中に溶け込むものとして高齢者の見守り装置を設計することが可能となってきた。
教育分野では、高齢社会や人口減少社会において環境の変化に対応できる人材の育成が指摘されている。例えば、文部科学省は「新しい学指導要領等の在り方について」の中で、変化の中に生きる社会的存在となるために、PBL(Project Based Learning, Problem Based Learning)をはじめとする「アクティブラーニング」の意義について触れている。教育分野において、PBLをはじめとするアクティブラーニング教育の実践に基づく知見は蓄積されているものの、その評価基準、特にグループ活動となりやすいアクティブラーニング教育における個人の教育効果にたいする評価基準の構築は困難であることが課題となっている。
本研究では、社会問題である高齢者の見守りに対して、流通、マーケティングを専門とする流通科学大学の学生と、機械工学を専門とする神戸市立工業高等専門学校の学生が協働し、IoTの使い方、さらに、IoTを用いたデバイスの開発を行うというPBLプログラムを開発する。そして、PBLをグループ活動、個人活動の視点から評価するルーブリックを作成し、検証することで、複数の大学教育機関が連携した地域社会に役立つPBLプログラム及び評価指標のパッケージ開発とその効果を検証することを目的とする。
なお、IoTを用いたデバイスに実験については、神戸市内外から高齢者が移住する神戸市中央区にある都心型高層集合住宅、及び、神戸市兵庫区にある高齢化率の高い震災復興集合住宅を対象とする。両集合住宅の管理組合からの協力は既に取得済である。
研究実績・成果 研究中

2019.6.1

【H28年度共同研究班】デザインツーリズムが切り開く未来の地域社会」デザインによる地域空間リソースの再発見

平成28年度 共同研究班
代表者 藤山 哲郎 教授
構成員 神戸芸術工科大学   入江 経一 教授
兵庫県立大学     西井 進剛 教授
神戸市芸術工科大学  栄元 正博 助教
研究の目的及び意義 近年アートを媒介としたまちづくりが盛んである。実際、私たち研究班メンバーも神戸ビエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭等、いくつかのプロジェクトに参加してきた。ただそれらの経験から学んだことは、こうしたイベントは期間中の賑わいに留まり易いことである。これはアートの非日常性という性質からすれば必然かもしれない。一方デザインとは、より日常に密着した普遍的性質を持つため、定常的な地位活性化に有効なアプローチであると考えている。
今回の研究対象地となる南あわじ市福良地区は、観光に立脚したまちであるため、オフシーズンの集客という課題がある一方、全国的課題である空き家の活用という問題もある。そこで本研究では空き家等のリソースを活用しながら、福良の空間的魅力をまずは地域住民に、次に来訪者に認知させたい。地域住民が自分たちのまちの魅力を知ることが定常的な発展には必須である。
こうした「未来社会の」コミュニティデザインの研究は、共同研究サブテーマとしては②地域社会のありかた、③情報社会のありかたに寄与すると考えている。
研究実績・成果 研究中

2019.5.23

【休講】単位互換講座「言語学入門」

学内提供科目
科目名 言語学入門
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 林 範彦 教授
日時 5月27日(月)
14:25~15:55

2019.4.22

【休講】単位互換講座「自然とデザイン」

特別科目
科目名 自然とデザイン
担当大学 神戸芸術工科大学
教員名 田頭 章憲 助教
日時 5月6日(月)
16:30~18:00
備考 補講日は未定

 

2019.4.18

【変更】単位互換講座ユニバーサルデザイン休講取消し

下記科目の休講は取消となりました。
通常どおり開講しますので、間違いのないようにしてください。

学内提供科目
科目名 ユニバーサルデザイン
担当大学 神戸芸術工科大学
教員名 相良 二朗 教授
日 時 5月17日(金)
9:00 ~ 10:30
備 考 通常どおり開講

2019.4.17

【休講】単位互換講座「ユニバーサルデザイン」

学内提供科目
科目名 ユニバーサルデザイン
担当大学 神戸芸術工科大学
教員名 相良 二朗 教授
日時 5月17日(金)
9:00~10:30
備考 補講は、補講期間中に実施

 

2019.3.23

ユニティ20周年記念事業 榎原美樹講演会

ユニティ20周年記念事業の一環として、神戸市外国語大学との共催により、加盟大学の教員・学生とユニティの市民講座受講者を対象とした講演会を次のとおり開催します。

〔日 時〕2019年4月26日(金) 12:45~14:15

〔テーマ〕「国際報道から見える21世紀の社会」

〔講 師〕NHK国際放送局エグゼクティブ・ディレクター  榎原 美樹(エバラ ミキ)さん

※詳しい内容についてはこちらを ⇨ 詳細

2019.2.4

【休講】単位互換講座「ヨーロッパ地域論2」

特別科目
科目名 ヨーロッパ地域論2
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 中沢 葉子 教授
日時 2月4日(月曜)
17:50~19:20

2019.1.25

2019年度前期語学講座募集

2019.1.25

嗚呼、社会を動かしたまんがのキャラクター達

戦後の文化の形成を、「まんが」そして、「キャラクター」というキーワードで読み解く講義です。テレビ放送の誕生からデジタル化が進む現在にいたる流れの中、「キャラクター」は社会にどのように現れ、浸透し、消費されていったのか。その過去から現在にいたる過程を大きく五つの「キャラクター」に大別して、その背景、影響を考えていきます。鉄腕アトム、ゴルゴ13/あしたのジョー、北斗の拳/ラムちゃん、セーラームーン、初音ミク/キズナアイ。
あなたは、どのキャラクターに心トキメキましたか。その謎が明らかになります。

1)日本の漫画、そしてアニメの夜明け
(鉄腕アトム)
7/  6(土) 川中 利満 教授
2)劇画誕生、少年から青年への読者拡大
(ゴルゴ13/あしたのジョー)
7/13(土) 川中 利満 教授
3)終わらない夏休みからの世紀末!
(北斗の拳/ラムちゃん)
7/20(土) 菅野 博之 教授
4)もう守られない!戦う女の子達!
( セーラームーン )
7/27(土) 菅野 博之 教授
5)そして漫画からデジタルへ…
( 初音ミク/キズナアイ )
8/   3(土) 菅野 博之 教授

2017.9.13

【H27年度共同研究班】産業構造が経済成長に及ぼす影響に関する国際比較研究

 

平成27年度 共同研究班
代表者 兵庫県立大学 萩原 弘子 教授
構成員 流通科学大学 辻 美代 教授
研究の目的及び意義  経済発展の過程においては、産業構造の変化が生じ、それは各国の経済成長に大きな影響を及ぼしていると考えられる。また、産業構造の変化は経済格差などの問題をもたらしている。日本経済は、高度経済成長期、安定成長期を経て、バブル崩壊以降、長期的に停滞している。また、中国は、10%を超える高度経済成長から経済成長率を減速させている。本研究の目的は、日本経済と中国経済の成長率が低下した要因を、産業構造に着目して明らかにすることである。
経済成長の停滞や減速の原因をどう見るかは、今後の日本経済と中國経済のあり方を考えていくうえで決定的な違いをもたらすものであり、重要な論点である。本研究では、各国の産業構造変化をもたらす主要因を分析し、それにより経済成長率にどのような影響がもたらされるかを明らかにする。
本研究の特徴は、産業レベルでの成長あるいは停滞の要因を分析することによって経済全体の成長と停滞に関する理解をより深める点であり、また、高度経済成長期を経て成熟期に入った日本と経済成長の減速が懸念される中国の国際比較研究を行う点である。
研究実績・成果 研究代表者(萩原弘子)は、日本、中国、インドに関する産業構造の変化に関するデータ分析を行った。日本については、一国レベルでの産業構造変化の要因分析を行った。中国とインドについては、領国の産業構造変化の差異とそれをもたらす要因についての分析を行った。その結果、3国の産業構造変化には大きな差異があり、それが、需要面の違いからもたらされていることを明らかにした。
共同研究者(辻 美代)は、代表者が産業全体の構造を対象としたのと異なり、特定の産業(繊維産業)に焦点を当てて研究を行った。中国における繊維産業の発展の現状を、繊維産業内部における構造変化とそのパフォーマンスから分析し、日本における繊維産業の発展過程と比較した。また、中国の繊維産業の企業である如意集団を取り上げ、当企業内における垂直的な構造を明らかにした。

2019.1.26

【ユニティ連携・交流推進事業】助成対象団体募集!

神戸研究学園都市の5大学・1高専が運営する大学共同利用施設『ユニティ』は2020年3月25日に開設20周年を迎えます。この節目の年にあたって、加盟大学と地域住民との連携や加盟大学間の学生・教員の交流を一層推進するため、加盟大学の学生・教員の団体やサークル、グループ、ゼミなどが企画・実施を行う取り組みで、交流や連携をさらに発展させる事業に対して、以下のとおり助成を行います。2019年度に前述の事業の実施を企画している団体は、奮ってご応募ください。

詳細については募集要項で確認してください。
募集要項はこちら→★
申請書類はこちら→★

 

2019.1.25

【特別公開講座】今より幸せになるライフマネジメンとコミュニケーション-アドラーとグラッサーの心理学に学ぶ-

1)幸せを呼ぶアドラー心理学のライフスタイル 4/13(土) 兵庫県立大学
澤田 正 教授
2)今ここでの行動と人間関係に役立つグラッサーの選択理論心理学 5/11(土)
3)アドラーとグラッサーの心理学を実践するコミュニケーション 6/ 8(土)
4)今より自由に生きれて人間関係もよくなるコミュニケーション 7/13(土)
5)選択理論でカウンセリング、コーチング、
マネジメント、交渉を自由に実践する
8/10(土)

2019.1.25

神戸の魅力再発見(8)∼「音」で学ぶ神戸∼

昨年は、絵画、写真、絵葉書、雑誌、酒蔵などを「目」で見て神戸をご理解いただきました。今年は開港節目の音、レコード、ジャズ、ニュースなどのさまざまな「音」をテーマに神戸に触れていただきます。また、UCCコーヒー博物館では、珈琲豆の産声をお聴きいただき神戸ハイカラ文化の歴史を感じていただきます。

1) 神戸開港150年・節目の音 8/24(土) 楠本 利夫 芦屋大学元教授
2) 戦前神戸の蓄音機レコード 8/31(土) 石戸 信也 絵葉書研究家
3) 神戸の音楽・ジャズ 9/  7(土) 齋藤 嘉臣 京都大学准教授
4) 神戸の珈琲
(UCCコーヒー博物館見学)※
9/14(土) 川越 栄子 神戸女学院大学教授
5) 国際ニュースからの神戸 9/21(土) 川越 栄子 神戸女学院大学教授

※第4回目「神戸の珈琲」は現地開催のため全5回お申込みの方のみご参加いただけます。(別途500円が必要です)

 

2019.1.25

文字入力や表計算をかんたん便利に使える講座【初学者対象】

チラシはこちらをクリック

(1)ワード2010 文字入力の操作  7/  9(火)
(2)写真の入った案内状やハガキを作りましょう  7/12(金)
(3)ワード2010 使いこなし便利技  7/16(火)
(4)エクセル2010 基本操作と表を作りましょう  7/19(金)
(5)簡単なグラフを作りましょう  7/23(火)
(6)エクセル2010 使いこなし便利技  7/26(金)

2019.1.25

パソコンで音楽とデジタル写真を楽しもう入門講座【初学者対象】

チラシこちらをクリック

(1)パソコンで音楽を楽しみましょう  8/16(金)
(2)オリジナルCDを作りましょう  8/20(火)
(3)インターネットで音楽や動画を体験しましょう  8/23(金)
(4)音楽と写真を整理しましょう  8/27(火)
(5)動くオリジナルアルバムを作りましょう  8/30(金)

2019.1.16

【休講】単位互換講座「国際取引法2」

特別科目
科 目 国際取引法2
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 植田 淳 教授
日 時

 

1月17日(木曜日)
17:50~19:20

 

2019.1.16

【休講】単位互換講座「医療通訳・コーディネーター入門」

特別科目
科目名 医療通訳コーディネーター入門
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 長沼 美香子 教授
日時 1月16日(水曜日)
18:15~16:45

2019.1.15

【休講】単位互換講座「臨床心理学入門2」

特別科目
科 目 臨床心理学入門2
担当大学 神戸市外国語大学
教員名 金沢 晃 准教授
日 時

 

1月15日(火曜日)

17:50~19:20

2019.1.15

【休講】語学講座「英会話初級」、「英会話初級ステップアップ」、「仕事のための英会話」

講師の都合により、以下の日程が休講となりました。
補講日は後日あらためてお知らせいたします。

英会話初級
1月15日(火)
13:30~15:00

1月16日(水)
10:30~12:00

英会話初級ステップアップⅢ
1月16日(水)
13:00~14:30

仕事のための英会話
1月17日(木)
19:00~20:30

1月19日(土)
13:30~15:00

2019.1.25

【春季限定】やりなおし講座 リスニング編

英語を聞き取るためには語彙力や文法力はもちろん、発音を正しく理解し練習することです。授業ではディクテーション(音声の聞き取り)をしながら、音に慣れていく練習をしていきます。

2019.1.25

英会話初級


英会話を始めたい方やもう一度やりなおしたい方が対象です。英会話は、正しい発音を習得すれば、相手の「ことば」の聞き取りが容易になります。会話の基本となる表現を発音とともに習得し、聞く・話す両方の力をバランスよく伸ばしていきます。またこのクラスでは、ただ英語を話すというだ けでなく、場面に応じた言葉の使い方も学びます。

2019.1.25

英会話初級ステップアップ

初級コース同様コミュニケーションに必要な正しい発音の習得、言葉の使い方を学びながら単語レベルから文レベルの会話を目指します。

2019.7.11

仕事のための英会話

職場で英語が必要な初級レベルの方が対象です。 正しい発音や状況に応じた言葉の使い方を習得することにより、職場で通じる会話ができることを目標とします。 (TOEIC対策としてListening, Readingの練習問題も必要に応じて行います。)

2019.1.25

日本を英語で紹介する PARTⅡ

日本のことを英語で紹介してコミュニティ通訳、ボランティア通訳を目指してみませんか。この講座では、現役の通訳者がやさしく一から通訳訓練法を用いて指導し、日本の歴史、地理など様々なトピックを取り入れながら楽しく英語を学べます。

2019.1.25

英会話準中級

This class is intended to give students with an intermediate command of English a chance to express themselves in a non-threatening classroom environment. Each week we will talk about a topic or issue of interest to the students. For some lessons, the teacher will present the students with a shot reading about the topic the week prior to the discussion. Students can read about the topic,and then enjoy discussing it with the teacher the following week. The teacher will also bring in pair and group exercises related to the topic under discussion. Let’s enjoy talking about a variety of issues and topics in English!

2019.1.25

英会話中級

英検2級程度以上の方が対象です。新聞、テレビや受講者の意見からテーマを選んで、ネイティブの講師が授業を進め、あなたのPotentialを引き出します。 この講座は、きっと「自分が自分を成長させる」講座になります! (英会話中級Ⅰ・Ⅱは同じ内容です。)

2019.1.25

旅行英語入門

初めて旅行英語を学ばれる方、あるいは基礎から学び直したい方のためのクラスです。文法を復習しながら空港、ホテル、レストラン、ギフトショップなど、旅のさまざまな場面で使う基本的な英語を「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」という4つのスキルを通して学びましょう。

2019.1.25

旅行英語初級

旅行英語の入門レベルを学んだことのある方が対象のクラスです。文法を復習しながら空港、電車やバスの中、ホテル、レストラン、観光地など旅のさまざまな場面で使う基本的かつ実践的な英語を「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」という4つのスキルを通して学びましょう。さまざまな国々の文化や習慣の違いも学びましょう。

2019.1.25

旅行英語レベルアップコース

旅行英語の初級レベルを学んだことのある方が対象のクラスです。空港、ホテル、レストラン、両替所、道がわからないとき、ツアーを探すときなど、さまざまな場面で役に立つ「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」という4つのスキルさらにレベルアップさせて学びましょう。世界の国々の文化や習慣の知識を深めましょう。

2019.1.25

スペイン語入門

初めてスペイン語を始める方と基礎をもう一度復習したい方が対象です。 スペイン語の発音はとても簡単ですから、すぐにパターンプラクティスなどを通じて基礎的な文法を学んでいきます

2019.1.25

スペイン語初級

入門を終了している方、基礎文法が理解できている方が対象です。 簡単な講読や作文を行いながら楽しくスペイン語を学習します。 スペイン語圏の文化についても紹介します。

2019.1.25

スペイン語中級

初級レベルを終えた方、基礎文法の十分な知識を持っている方が対象です。 講読や文法練習などを通して、様々な表現を学びます。 スペイン語圏の文化についても紹介します。

2019.1.25

フランス語入門

フランス語を初めて学ぶ方、または基礎をもう一度勉強したい方が対象です。 会話を中心に発音の仕方や簡単な文法を「音」から入って、楽しく学んでいきます。

2019.1.25

フランス語初級

フランス語の基礎知識をある程度お持ちの方や再挑戦されたい方が対象です。会話を中心に文法と表現の幅を広げるように楽しく学んでいきます。

≪ 戻る